アドネットワークにはDSP・SSPと呼ばれるタイプがありますが、違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。DSP・SSPの基本的な違いについてご紹介するとともに、アドネットワークの長所短所についてご説明していきます。

アドネットワークとは?アドネットワークの考え方と種類

アドネットワーク(Ad Network)は、広告配信のためのネットワークを複数の広告媒体を集めて作成し、集めた媒体に一括して広告を出す仕組みを意味します。複数の広告媒体とは、例えばWEBサイトやブログ、ソーシャルメディアなどを指します。アドネットワークでは、複数の広告媒体をひとつにまとめて広告を配信することができるため、効率的に広告を運用できる点で魅力があります。さらに、アドネットワークを専門的に手がける業者に広告の出稿に関する処理を行ってもらうことができるため、広告配信に関わる業務が大幅に効率化されることが魅力的な仕組みです。アドネットワークのタイプには、「DSP」と「SSP」という2種類がありますが、それぞれの意味や役割の違いについては混同されやすい傾向にあります。次に、DSPとSSPの違いをご紹介していきます。

DSPとSSPは何が違う?それぞれの持つ特徴とは

まず、DSPはDemand Side Platformのことであり、SSPはSupply Side Platformの略であることを覚えておきましょう。DSPは広告主側の利益を最大化することを目的としたプラットフォームであるのに対し、SSPは供給側(=広告を提供するメディア等の媒体)の収益を最大にするためのツールです。簡単に言うと、広告主は可能な限りコストをおさえて効率的に広告を運用したいと考えるためDSP、媒体側はできるだけ広告表示枠を広告主に高値で買ってもらいたいと考えるためSSPの考え方に基づいて実現可能です。アドネットワークという言葉は広告のネットワークを意味しますが、DSPはアドネットワークへの広告配信を一括して管理できる「ツール」を意味する点で違いがあるため覚えておきましょう。

実際には、一つの広告に対して広告主と供給側の双方が関与するため、DSPとSSPは密接な関係にありながら連動しており、たがいにWin-Winな関係性を持っているのです。どちらが一方のみが関与するのではなく、DSP、SSPの両方が影響し合うことを念頭においておきましょう。

アドネットワークの長所および留意点とは?

DSP は広告を一元的に管理するために優れた機能を持ち、入札やターゲティングを行う点である程度自動的に広告配信を最適化しながら管理してくれます。広告配信に関わる業務が大幅に短縮され、広告主の業務が効率化されることが長所であるといえるでしょう。節約できた時間や労力は、広告のキャッチコピーやデザインなどより創造的なレベルで割くことができる点でメリットがあります。しかし、DSPを利用していても、手動で広告を運用する場面が必要になることもあります。アドネットワークでは自動的に最適化を行いますが、特に導入開始から間もない時点では最適化がうまく機能しない場合があります。また、他にも何らかの外的な要因によって変化が生じると、最適化が思うように作用しなくなるケースがあります。人の手が全く入らずにベストな成果が毎回あげられるわけではないため、手動での管理や現状のモニタリングも怠ることができません。オートマティックに配信している広告に関して何らかの異常値がないか、KPIを適宜チェックするように心がけ、対処できるようにすることが望ましいです。

まとめ

アドネットワークにおけるDSP・SSPは、目的は異なりますが互いに密接な関係があり影響し合います。アドネットワークでは自動的に広告配信を最適化してくれるため手間が大幅に省けることが長所ですが、導入時などは最適化がうまくいかなくなる場合もあるので、随時状況を手動でもチェックするように心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

weibo(ウェイボー)とは?その特徴と使い方を徹底ガイド!

中国版Twitterの「Weibo(ウェイボー)」を使ってみたい人に、使い方と特徴を徹底ガイドしていきます。…

QuickMedia編集部 / 10396 view

重複コンテンツによって起きるSEOへの影響と、その対策とは

重複コンテンツがいかにSEO対策の敵になるかということは案外知られていません。ここでは、重複コンテンツがSE…

QuickMedia編集部 / 834 view

A/Bテストの効果を最大限に出すためのポイントと方法

ウェブサイトやアプリケーションを最適化するのに便利なA/Bテスト。ここでは、メディアECの目的として重要なA…

QuickMedia編集部 / 586 view