Twitterといえば著名人から若年層まで人気のSNSです。このTwitterにもFacebookや検索エンジンのリスティング広告のように広告機能があるのをご存知でしょうか?今回はそんなTwitter広告の機能説明とその効果について事例を交えてご紹介したいと思います。

「プロモツイート」とタコス料理

Twitter広告の基本としてまず覚えておきたいものが「プロモツイート」です。プロモツイートは通常のタイムライン上で見かける「プロモーション」と貼り付けられたツイートのことです。そして、プロモツイートの主な役割は広告主の提供するサービスに興味を抱きそうなユーザーにアクションを起こしてもらい関係を深めることにあります。例えばロンドンで人気のあるブリトー(肉や野菜をトルティーヤで巻いたメキシコ料理)のお店である「Poncho 8」は、明るく楽しいトーンのプロモツイートを作成し、さらにメニューや特別サービスを記載してオープンイベントの宣伝を広告しました。結果として新規店舗の認知度を高めることができプロモツイートの成功例として紹介されています。

「プロモアカウント」とフォトグラファー

Twitter上にはフォローしていないアカウントが無数に存在します。もしかしたら、その中に自分のアカウントに興味を持ってくれそうなユーザーがいるかもしれません。そのような場合に関係がありそうなユーザーに自分のアカウントをおすすめする広告が「プロモアカウント」です。プロモアカウントはタイムラインのみならず、おすすめユーザー、検索結果といった様々な場所に表示されるのでユーザーの視界に入る可能性が上がります。例えばトップDJフォトグラファーのドリュー・レスラー氏は一人でビジネスを行っているため広告に時間を費やす余裕がありませんでした。しかし、プロモアカウントを使うことで低予算で1,300人の自分の仕事に関心のあるユーザーを獲得することができました。

「プロモトレンド」とアプリダウンロード

3つ目のTwitter広告「プロモトレンド」は画面上は「トレンドトピック」と見わけがつきませんが「プロモーション」という文字が貼られているのでそこで見分けることができます。プロモトレンドの仕組みはワードをクリックをすると、それに関連する検索結果の一番上位に広告主のサービスに関連するプロモツイートが表示されるというものです。これによって、関連するキーワードに興味がある潜在的なユーザーを広告主のサービスに触れる機会を提供する効果が期待できます。例えばインドで携帯電話アプリ開発を行っている企業「BillBachao」はアプリダウンロードを増加させるために「キーワードターゲティング」つまり携帯電話に関心のある層にアプローチをする戦略をとりました。こういう事例にもプロモトレンドは活用できます。

まとめ

いかがでしたか?レストランからフォトグラファー、そしてインドのIT企業までもが「プロモツイート」「プロモアカウント」「プロモトレンド」をそれぞれ活用してそれぞれの目的に応じたプロモーションを成功させています。是非この機会にTwitter広告を活用されてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

インスタグラムの基礎!効果的なハッシュタグの付け方とは

ハッシュタグのつけ方について、注意点やポイントをまとめました。 写真も大切ですが、ハッシュタグにこそセンスが…

QuickMedia編集部 / 822 view

バズコンテンツを生み出すためにできる4つの工夫

コンテンツ内容も重要ですが、読んでもらうための外側のパッケージ(タイトルやデザイン、SNSボタンなど)も重要…

QuickMedia編集部 / 882 view

Facebook広告を利用する時の、画像サイズ文字数など注意点のまとめ

この記事ではFacebook広告に使う画像のサイズや文字の注意点をまとめています。広告を作成して振り出しに戻…

QuickMedia編集部 / 563 view

関連するキーワード