SEOがWEBビジネスにおいて重要視されている中で、いかにコンテンツを量産するかを課題とする人は少なくありませんが、重複コンテンツによる悪影響や諸問題について把握している人は、実はそれほど多くありません。そこで、ここではその悪影響や諸問題、その対策法について説明いたします。

そもそも重複コンテンツとは、どのようなものか

重複コンテンツとは、名前の通りコンテンツのタイトルや書かれている文章など、そのコンテンツを形作っているものが他のものと同じになっているコンテンツのことです。身近なものですと、コピペ(コピーアンドペースト)で作られたコンテンツが該当します。また、他人の作成したコンテンツの一部を流用しているようなものも重複コンテンツとして扱われます。
大量のコンテンツを作り続ければ、どうしても似通った内容やタイトルが増え、重複している箇所が目立つようになります。Googleなどの検索エンジンは、近年その精度を上げ続けていますが、それでも内容そのものでコンテンツの質を判断するには、まだまだ成熟しているとは言えず、そこに書かれている文字や文章といった表面上の情報や配列を基準に検索順位などを判断する傾向があります。そのため、コンテンツ内の重複の度合いが濃くなればなるほど、検索エンジンはそれを重複コンテンツとして扱うようになってしまいます。

重複コンテンツはSEOにどのように響くのか、そのデメリットとは

重複コンテンツの一番の問題は著作権侵害です。とはいえ、これは極端な例で、それこそ無断複製を行わない限りは生じないケースです。ただし、単純な言葉の並び替えや文章などの流用、出典や引用の域に収まらない転用などが行われている場合も著作権侵害として扱われる可能性が十分にありますので、注意が必要です。
では、それ以外の場合、SEOにどのような影響をもたらすのでしょうか。Googleの検索エンジンを例にすると、あるコンテンツが重複だと判断された場合、それらをまとめて一つのように扱います。すると、検索結果に表れなくなったり、検索結果を掘り進めたりしない限りは見ることができなくなってしまいます。それだけでなく、重複コンテンツが含まれるサイトは、サイト自体の評価が下がるようになっているのです。また、重複コンテンツに対するアクセスも分散することになります。一つのサイト内に重複コンテンツがあることでサイト内のアクセスが分散し、閲覧者を思うように引き入れることができなくなります。せっかくSEOを強化しても、効果はどこまでも薄れてしまいます。

デメリットの多い重複コンテンツを避けるにはどうすれば良いか

コンテンツの一つ一つに対して、作成する人を変えることができれば簡単ですが、現実的ではありませんし、その場合であっても扱うテーマがニッチであったり、逆にメジャーであったりする場合は、異なる人が作っても重複は起こり得ます。
対策として一般的なのは、重複コンテンツ対応自体には一旦目を瞑り、SEO対策で重要となる対策、たとえば高品質なコンテンツを作ることなどを優先的に行うことやそれ以前の基本的なSEO対策を行うことです。そうはいっても、それができれば苦労しないという人は多いと思います。そこで、技術的な対応方法として、Googleが以下のような対策方法を提示しています。

重複するコンテンツに関する事前の対策を行い、ユーザーに意図したとおりのコンテンツが表示されるようにするための手順を以下に示します。

301 を使用する: サイトの構造を変更した場合は、.htaccess ファイルで 301 リダイレクト(「RedirectPermanent」)を使用して、ユーザー、Googlebot、他のスパイダーを適切にリダイレクトします(Apache の場合は .htaccess ファイルを使用し、IIS の場合は管理コンソールを使用します)。

一貫性を保つ: 内部リンクの一貫性を保つようにします。たとえば、
http://www.example.com/page/
http://www.example.com/page
http://www.example.com/page/index.htm
の中から、どれか 1 つに絞ってリンクします。

トップレベル ドメインを使用する: Google で文書の最も適切なバージョンが表示されるよう、国別のコンテンツを扱う場合は可能な限りトップレベル ドメインを使用します。たとえば、http://www.example.de を使用すると、http://www.example.com/de や http://de.example.com よりもドイツを対象としたコンテンツが含まれることを Google で認識できる可能性が高くなります。

ここに挙げたものは、あくまで一例に過ぎず、この他にも「コンテンツを他のサイトに提供している場合について」や「Serch Consoleを使用する方法」「定型文を可能な限り繰り返さない方法」など具体的な対策を示しています。一見すると理解するのが難しく感じてしまうものかもしれませんが、重複コンテンツによる悪影響を避けるには基本的かつ必須のものであるため、ぜひ取り入れてみてください。

まとめ

重複コンテンツがもたらす悪影響は、SEO対策の効果を弱くしてしまうなど決して見逃せるものではありません。技術的な対応となると難しいようですが、コンテンツの価値を多くの人に見てもらうためには避けては通れない道です。どのように対策を講じれば良いかしっかりと身に着け、コンテンツをより良いものにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

失敗しないために!覚えておきたいプレスリリースの作成・配信の手順

最初にお断りしますが、「プレスリリースの作成」について、絶対的な正解はありません。こうした方が良いということ…

QuickMedia編集部 / 813 view

検索上位に表示させるためのseoキーワード選定方法とは

seo対策とは、「閲覧者が検索した際、自社のウェブサイトを検索上位に表示させる」ことが目的です。どのようなキ…

QuickMedia編集部 / 608 view

A/Bテストの効果を最大限に出すためのポイントと方法

ウェブサイトやアプリケーションを最適化するのに便利なA/Bテスト。ここでは、メディアECの目的として重要なA…

QuickMedia編集部 / 586 view

関連するキーワード