プレスリリースの作成方法を雛型として用意してくれるサイトは幾つかあります。これを使ってリリースを作成するのは非常に便利で、慣れていない方でも完成度が高くなります。極端な話、3分で書くことも出来るようです。それでは実際にみていきましょう。

プレスリリースが読者に届くプロセスを考えよう

作成するのに正解がないプレスリリースも、「見出し→リード→本文」で、結論から初めに述べるスタイルで書くといいでしょう。常にたくさんのプレスリリース情報が手元にある担当者ですから、丁寧にこと細かく書くよりも、肝心要の内容を分かり易く書くことが重要になってきます。

プレスリリースの作成雛型

リリースを作成する上で、事前に準備されたワードのフォーマットに入力していくだけで、それなりにしっかり構成されたプレスリリースができる雛型が用意されています。例えば、雛型で組み込まれたリリース全体の構成があり、質問に答える形式でコンテンツを入れていきます。また、新製品発表から決算発表までの企業リリースなど100種類もの雛型があるサイトもあります。
それでは実際に、プレスリリース雛形を作成しているサイトを紹介します。

ValuePress!

bizocean

ふりむけばコウホウ

株式会社メディア戦略

@Press

Neo-K

このように、プレスリリースの雛形はたくさんのサイトで取り扱っています。まずはどのサイトが、リリースしたい情報に適しているか見極めてみることかははじめてみましょう。アレンジしてオリジナルのものを作っていくと、さらに記者の目にとまるものになるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

RSSリーダーの特徴を徹底比較!

WEBマーケティングをするとき、情報を収集するのに欠かせない、必須ツールとも言えるRSSリーダーのクライアン…

QuickMedia編集部 / 630 view

自社メディアをもう一段上のステージへ!メディア担当者が考えるべき記事広告とは

自社メディアをもう一歩先へ進めるためには、記事広告による収益軸は重要になります。ここでは、メディア担当者が考…

QuickMedia編集部 / 844 view

これさえあればOK!キュレーションメディアを構築が簡単にできるパッケージのまとめ

キュレーションメディアってご存知ですか?わかりやすくいいますとまとめサイトです。そんなキュレーションサイト構…

QuickMedia編集部 / 522 view