近年、Facebookだけでなく、Twitterでも広告が目立つようになりました。どのようにツイートすれば利用者から注目されるでしょうか。今回はいくつか事例を見ながら、効果的なツイートについて考えていきたいと思います。

ユーザーの声を掲載した事例「Aceable」

最初にご紹介するのはアメリカにある「Aceable」です。この企業はスマートフォンやiPadで自動車教習のカリキュラムを受けられるアプリを開発しました。そこで、若年層にもっと使ってもらうために、Twitterで宣伝を行うことにしたのです。
「Aceable」ではユーザーの声を徹底的にTwitterでツイートすることにしました。もちろん、文章だけではありません。試験に合格した際の喜びの表情もアップしたのです。そうすることによって、利用者に自動車運転へのイメージを作り出すことに成功したのです。
他にも広告の絞込みなどの様々な工夫をした結果、33%の宣伝コスト削減に成功したのです。このように、ちょっとした工夫を行うだけで、大きな効果を生み出すことに成功しました。

業界標準の7倍を達成した事例「マティアス・トンボリーニ」

次にちょっと変わった事例を紹介しましょう。Twitterは企業だけでなく、個人のビジネスにおいても真価を発揮します。その好例となるのが「マティアス・トンボリーニ」です。
マティアス・トンボリーニ氏は南米、アルゼンチンの随筆家として活躍。中南米の政治、経済を専門としています。トンボリーニ氏はインフルエンサー(影響力のある人物)としての地位を確立するために、Twitterを利用することにしました。
そのやり方は至ってシンプル!自分で質問を投げかけ、自分をフォローするメリットを記載したのです。画像やハッシュタグは一切なし!これを地道に行ったのです。
その結果、業界比較でフォロー率が7倍になったのです!ぜひ、個人事業主の方は実践してみましょう。

画像を効果的に使った事例「Poncho8」

最後に画像を適切に使用した事例を紹介しましょう。「Poncho8」はロンドンにある人気のメキシコ料理店です。市内に6店舗あり、最高品質の料理と楽しさを伝えることを目標にしています。
「Poncho8」は以前からTwitterを宣伝に利用してきました。ある時、新店舗をオープンすることになり、新たな宣伝を考案することになりました。そこで、対象をロンドンに暮らす社会人に的を絞り、明るい雰囲気の画像をツイートすることに。キャンペーンなどの情報も画像と共に添えるようにしました。また、コメントには即座に対応するようにしたのです。
すると、プロモツイートで最大エンゲージメント率が23%に!確実に、Twitterがビジネスに成功をもたらした好例と言えますね。

まとめ

いかがでしたか。ツイートのノウハウは大切ですが、まずは中身が一番。そして、ターゲットを絞り、中身の棚卸をすることが大切ですね。Twitterは文章の長さが短いので、ダイレクトにピリリと伝わるコンテンツを考えてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

インスタグラムでフォローすべきおすすめ有名アカウントのまとめ

様々な写真が世界中から集まるインスタグラムは見ていて見飽きることがありません。膨大なインスタグラマーがいるな…

QuickMedia編集部 / 750 view

facebook広告の画像を作成する際に、気をつけるポイントとは

この記事では、FACEBOOKの画像に関する注意点をまとめています。推奨サイズからNG画像まで詳しく解説。本…

QuickMedia編集部 / 434 view

企業がFecebookを活用すべきメリットとデメリット

Facebookは、企業の情報発信手段として、マーケティング/ビジネス用途での利用価値も高いことが知られてい…

QuickMedia編集部 / 1205 view

関連するキーワード