ツイッター広告には「プロモアカウント」「プロモツイート」「プロモトレンド」という3種類の広告があることはご存知ですか。また、それぞれどのような目的で使うのでしょうか。この記事ではこれらのツイッター広告の特徴をまとめます。

おすすめユーザーとして表示される「プロモアカウント」

プロモアカウントはツイッターのホーム画面に表示される、フォローをすすめる「おすすめユーザー」として広告主のアカウントが表示されます。そのほかプロもアカウントは、検索結果やタイムラインにも表示されることもあります。広告主のフォローを増やす効果があり、フォロワーのコミュニティ構築がされます。

広告主のツイートが表示される「プロモツイート」

プロモツイートは広告主が作ったツイートを、ユーザーのタイムラインやツイート検索結果に表示されるものです。ユーザーのタイムラインに表示されるプロモツイートは、広告主をフォローしているユーザーなど、広告内容に興味がありそうなユーザーに表示されます。ユーザーがログインしたときにタイムラインに表示されると、ユーザーの目にとまりやすいといえます。そしてプロモツイートに対してユーザーは、広告ではないツイート同様にリツイート、返信、いいねなどのリアクションができます。プロモツイートはツイートに対するユーザーのリアクションによる拡散効果のほか、特定の商品・サービスの認知度向上、キャンペーンへの参加、アプリのダウンロード、動画再生などユーザーに特定の行動を促すこともできます。

トレンドトピックとして表示される「プロモトレンド」

「プロモトレンド」はトレンド欄の最上部に、広告主が指定したキーワードやハッシュタグがトレンドトピックとして表示されるという広告です。プロモトレンドはユーザーのIPアドレスからよくログインしている地域を分析して、広告主が指定したユーザーにプロモトレンドを表示させる仕組みです。ユーザーがプロモトレンドをクリックすると、広告ではないトレンドトピックとどうように、その言葉のハッシュタグやその言葉を含んだツイートが表示されます。プロモトレンドはユーザーのタイムラインに表示されることもあります。そしてプロモトレンドはトレンドを創出し、ユーザーが商品やサービスに対して積極的な反応を示す割合を高める効果を目的としています。

まとめ

ツイッター広告にはプロモアカウント、プロモツイート、プロモトレンドがあり、表示される内容や主に表示される場所が異なっています。また、フォローを増やす、ユーザーに特定のアクションを期待する、トレンドを創出するといった主な目的も異なっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

話題になったバズマーケティング事例のまとめ

商品やサービスの購買行動に、SNSなどの口コミが左右することは知られています。SNSを利用して購買行動へと誘…

QuickMedia編集部 / 891 view

複数のSNSを利用したマーケティング事例

マーケティングにおいて重要視されているSNS。効果的なSNSを運用するためにはどうすればいいのか、企業の成功…

QuickMedia編集部 / 610 view

ツイッター広告の種類とそれぞれの値段を比較!

世界のツイッターのアクティブユーザーは約3億2000万人ととてつもない規模になっています。そんなツイッターの…

QuickMedia編集部 / 450 view

関連するキーワード