近年SNSを活用する企業が増えてきていますが、中国人の爆買いブームの影響を受け中国版SNSの「Weibo(ウェイボー)」が注目されています。中国人をターゲットに広げるため、Weiboを活用したいと思っていても、中国版ということもあり敷居が高く感じる人も多いでしょう。今回は、中国版SNSであるWeiboの特徴と使い方を解説していきます。

weiboとは何か?中国圏で最大のソーシャルメディア

Weibo(ウェイボー)とは、中国圏で最も大きなソーシャルメディアのことを指します。Weiboは漢字で書くと「微博」となり、中国圏で親しまれています。「微」は「ミニ・マイクロ」、「博」には「ブログ」という意味があります。すなわち、「ミニブログ」「マイクロブログ」のような形で投稿できるSNSサービスということになります。中国だけでなく、香港や台湾をはじめとして、広いエリアで人気を集めています。
また、世界中に移住した中国人の中にも使っている人は多く、Weiboは中国人に親しまれているSNSです。Weiboは世界で最も人口の多い中国で流行しているSNSであることから、非常に多くの人が利用しているといえます。Weiboの他にも、「テンセント」や「ネットイーズ」という同様のシステムがありましたが、現在ではWeiboが最も使われています。また、Weibo(微博)の名称は、以前は「新浪微博」でしたが、現在は「微博」と変更され親しまれています。

weiboのユーザー属性とは?どのような利用者層なのか

2016年8月時点、Weiboのユーザー数は個人アカウントで約5.6億です。日本の人口が約1億3000万人、そして国内におけるFacebookのユーザー数が約2500万であることから、Weiboの個人アカウント数の5.6億という数字がいかに多いか見てとれます。アクティブユーザー数は約2.6億人ですが、それでも非常に多くの人が利用しているといえます。その他、中国においてはビジネスシーンでもよく活用されており、Weiboの公式アカウントは約274万、企業アカウントは約112万となっています。なお、1日の平均投稿数は約1.6億件とされており、その数字からも大量の情報が行き交う場であることがわかります。

1.Weiboのユーザー層は?利用者の学歴はどの程度か

個人アカウントだけで約5.6億という、非常に多くの人が利用しているWeiboですが、実際にはどのようなユーザー属性の人が利用しているのでしょうか。中国における学歴として、短期大学士以上の学位を持っている人の割合は約3割です。しかし、Weiboのユーザーについては、短期大学卒以上の学歴を有する人は約7割以上に上ります。Weiboユーザーは、中国の平均的なレベルよりも高い水準で教育を受けた、高学歴の人が多い傾向にあるといえます。そもそもWeiboは情報の享受を楽しむためのツールであるため知的な要素が求められることや、Weiboを使うための端末を購入することのできる人がユーザー層に含まれるため、ユーザーの学歴が高めに出てくるといえるでしょう。

2.Weiboユーザーの年齢層とは?

Weiboユーザーの年齢層については、ユーザー全体のうち20代の人が占める割合が約60%と最も多いです。次いで10代、30代の順で多く、40代以降のユーザーは非常に少ないです。したがって、Weiboのユーザー層としては、30代以下の比較的若年の人が対象であるといえます。Weiboユーザーの学歴が高いという事実とも関係しますが、ユーザーの収入が高い人が多いともいわれています。そのため、Weiboのユーザーは購買にお金をかける傾向があることが特徴的な点です。それゆえ、Weiboを活用して商品の宣伝を行いたいと考える企業が増えてきている状況にあります。

Weiboの基本機能とは?どんなことができるサービスか

1.Weiboの基本機能とは?TwitterとFacebookの中間の機能

Weiboの基本機能は、ミニブログとしての使い方がメインとなり、TwitterとFacebookの中間のような使われ方がされます。投稿に対してコメントやいいね、シェア、ブックマークが利用可能です。140文字の中国語で投稿することができるSNSで、テキストのほかに画像や動画を含めることも可能です。なお、画像は一度に9枚まで投稿できる機能があります。Weiboはパソコン・スマートフォンの両方からアクセスすることができるため、幅広いユーザーに使われています。Weiboでは1日平均約1.6億件の投稿がされていることからもわかるように、大量の情報が行き交っており、「中国版ツイッター」と呼ばれることも多いです。

2.Weiboで投稿!情報発信するときの注意事項

Weiboで投稿をするときに注意したいことは、発信する情報のテーマをある程度絞り、ターゲットを限定していくことが必要になります。例えば日本のファッションに関する情報と、日本国内における地方の観光情報を発信するのでは、ターゲットとなるユーザーが異なります。例えば、「日本のグルメ」「日本の家電」など一つのテーマに絞った方が、その情報を求めるユーザーがフォロワーとなりやすいです。フォロワーを増やしていくことが情報拡散のためには欠かせませんが、その際にどのようなターゲットに絞ってフォロワーを獲得していくのかを考えてみるようにしましょう。

3.Weiboを使った情報の検索

Weiboでは投稿のほかに、もちろん情報を検索することも可能です。Twitterのようなハッシュタグを使い、キーワードを設定することができます。Twitterではキーワードの初めに半角で「#◯◯」といったように「#」をつけますが、Weiboではキーワードを囲うようにしてハッシュタグを設定します。すなわち、「#◯◯#」といった具合にキーワードを設定していきます。例えば、日本での買い物についての検索をするときは「#日本買物#」などと入力します。そうすると、同じキーワードを持つ投稿が一つのページに集約され、情報の収集を行うことができます。このようなキーワードは「微話題」と呼ばれています。

4. 日本人によるWeiboの使い方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

これさえあればOK!キュレーションメディアを構築が簡単にできるパッケージのまとめ

キュレーションメディアってご存知ですか?わかりやすくいいますとまとめサイトです。そんなキュレーションサイト構…

QuickMedia編集部 / 626 view

後からやり直さないために!メディアECを始める際の必須項目とは

メディアECを始めるためには、 明確なターゲット・ゴール・CMS・コンテンツの生産体制の構築が必要です。それ…

QuickMedia編集部 / 761 view

デザインが参考になるサイトまとめ

webマーケティングで重要となるwebサイトのデザインの参考になるサイトを部品ごとや、全体を通して具体的なイ…

QuickMedia編集部 / 672 view

関連するキーワード