ソーシャルメディアを「無料で使える拡散ツール」として捉えている企業も多いことでしょう。
しかし、Twitterをマーケティングに効果的に活用している企業は、ソーシャルメディアを広告としては使っていない場合がほとんどです。
今回は企業アカウントの成功事例も交えてルールをご紹介します。

ソーシャルメディアのゴールは「ファン作り」

Twiterに限らず、ソーシャルメディアをマーケティングに使おうとする企業がまず陥りがちな特徴として、「自分たちが伝えたいことを伝えよう」とする点にあります。
マスメディアを避け、ソーシャルメディアに流れ込んできた消費者にとって、企業が買ってもらいたい商品について宣伝を受けることにはもう飽きています。
Twitterを使うにあたり気をつけたいことは、起業アカウントであっても個人アカウントであっても、「このツイートでファンが喜ぶのか?」を意識することが大切です。

企業の「擬人化」が信頼関係構築のコツ

Twitterをマーケティングに上手く活用している企業アカウントを例に出してみましょう。
SHARPの公式アカウントは、「シャープさん」の愛称で親しまれ、今では擬人化漫画「シャープさんとタニタ君」まで出版された人気のアカウントとなっています。

なぜここまで企業アカウントに人気が出たのでしょうか?
ツイートの内容を見てみると、企業が売りたいことというより、あたかも一人の人格が自由に発言をしているように見えます。

消費者との「共通言語」を活用する

シャープさんの場合、自由に発言しているだけでなく、消費者が「なるほど」と思うような豆知識を発信しつつ、企業側が訴求させたい商品もきちんとPRしているところもポイントです。

また、このまとめ記事にあるように、Twitter内で流行った「共通言語」をうまく活用していることで、消費者との距離を縮めています。

まとめ

いかがでしょうか?
Twitterをマーケティングに活用するルールとしては、従来広告の「宣伝する」ではなく、あくまで消費者との信頼関係を構築するツールとして役立て、最終的な購買へ繋げるところはは消費者に委ねるという意識が大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

必見!インスタグラムの写真(画像)や動画を保存する方法

インスタグラムには綺麗な写真(画像)や動画が沢山あります。その写真(画像)や動画を簡単に保存できる方法をご紹…

QuickMedia編集部 / 538 view

Instagramで動画投稿する際に適切な再生時間とは

Instagramで制作できる動画の時間はどれくらいでしょうか?この記事では、Instagramの動画に関す…

QuickMedia編集部 / 952 view

EC事業者必見!faceboookによって劇的に集客を改善させた事例

ビジネスツールとして世界で多くの人が利用するFacebook。集客を改善するためのツールとしても非常に頼りに…

QuickMedia編集部 / 496 view

関連するキーワード